Googleスプレッドシートで昨日までの行を自動的に非表示にする。~日付の比較判定に挫折~MATCH関数を組み合わせてなんとか実現できました。

endRowという表現は違うと知りました。。。

Googleスプレッドシートで出勤表などを作るときは、まずはカレンダーの作成から始まることが多いと思います。

SEQENCE関数、TEXT関数、ArrayFormula関数などを使ってカレンダー作成に関する記事を書きました。

ドラッグ不要!Googleスプレッドシートで簡単なカレンダーの作り方

このようにして作成したカレンダーを出勤表として使用しています。

Googleスプレッドシートなので、皆でリアルタイムに入力、即共有できるのでとても気軽に使用でき便利です。

特にコロナ禍で出勤時間や勤務スタイルが多様化した現在では利便性を実感できます。

デジタルなカレンダーは、各端末では縦方向にスクロールするほうが操作性が良いため、日付は縦列に並べることが多いと思いますが、

続きを読む

Googleスプレッドシートで、簡単なカレンダーの作り方~ドラッグ不要!開始日を入力するだけで、日付が表示され、曜日と行に色付する~

最近のご時世では自宅待機や時短勤務などが頻繁に発生するため、工場では各作業員の出勤表を全社で共有できるようにしています。

それには、簡単作成、簡単共有、同時にリアルタイム編集可のグーグルスプレッドシートが最適。

スプレッドシートやエクセルなどでカレンダーを作成する機会はよくあることで。

今まで私は日付を入力してからドラッグして自動入力していたのですが、なにか便利な方法があるはずだと思い、調べて作ってみました。

続きを読む

googleスプレッドシートで、直しに強い連番を振ってみろ。それも、ひとつのセルに数式をいれるだけで、だ。~最新版~SEQUENCE関数で超簡単だと教えていただきました。

当ブログ解説当初の投稿。アレイフォーミュラが使いたくてしょうがなかった。

2年前の2018年2月、当ブログ開設当初、なんとか有益な情報を発信できないかと、グーグルスプレッドシートで試行錯誤して連番を振ったことを書きました。

今だに月数回はアクセス数があるので、見ていただいているようで大変ありがたいです。

(現在になって読んでみると鼻息荒い文章が恥ずかしいですね。。。)

この投稿に先日コメントを頂き、超簡単に実現できる関数を教えて頂きました。

=sequence(counta(C9:C))

きゃー!超簡単!!!!

続きを読む

(WEB上の)計算機付きのメモ帳・伝言板・掲示板のようなもの 〜today関数とNETWORKDAYS関数で残り作業日数と一日のノルマを算出する〜グーグルスプレッドシート

noruma1.PNG

today関数とNETWORKDAYS関数で残り作業日数を出して、

残り生産枚数を日割りにする。

(『明日から』欄があるのは、終業時にプリント枚数を入力したときに明日からの枚数が計算されるように「NETWORKDAYS」から「マイナス1」としている。)

.

.

単純な計算なので、その都度頭で暗算しても割り出せるでしょうが、それも一瞬で算出できるくらいの人なら良いのだが、あいにく僕は1浪の末に入学したDランクの私立大学を、教授に泣きついて卒業させてもらったような脳みそなので、単純計算は機械に任せた方が良い。

またソフトウェアで表示する、一日に最低何枚プリントしなければならないか可視化することで、いつでも目で確認できるようにすることで精神的余裕を得たいと思う。

(プリントが早く進むわけではない。。。)

続きを読む

Excelも使ったことなかったくせに、googleスプレッドシートの醍醐味は共有にあり、というヤツ

googleスプレッドシートが便利です。

その便利さは、共有してこそ強まるのです。

Excelも使ったことなかったくせに。

IMG_2434.jpg

googleスプレッドシートは、googleが提供するウェブ上の表計算アプリケーションです。 続きを読む

googleスプレッドシートで、直しに強い連番を振ってみろ。それも、ひとつのセルに数式をいれるだけで、だ。

gs_renban1.jpg

=ARRAYFORMULA(row(B6:INDIRECT(“B”&(COUNTA(C6:C)+COUNTBLANK(A1:A5))))COUNTBLANK(A1:A5))

数式が長い!

続きを読む