この記事すごいぜ~アマゾンがKornitデジタル印刷機器で4億ドルを購入し、アマゾンの施設で新しいマーチャンダイジングを開く(グーグル翻訳)

海外の販促系情報サイト「promo marketing Magazine」9月24日の記事より

元記事リンク

https://magazine.promomarketing.com/article/merch-by-amazon-new-facility-buys-400-million-digital-printing/

4億ドルて。。。

さすが桁が違いますね。

元記事をクロームなどで自動翻訳して読んでいただけると面白いです。

お忙しい方のために、グーグル翻訳様による記事の翻訳を抜粋して下記に貼っておきます。

Amazonはデジタルプリンターやインクなどの既存のKornit製品で2億5000万ドル、「将来の製品」で1億5000万ドルを購入することを約束しました。取引総額は4億ドル。

その容量のほとんどは、Amazonが装飾およびフルフィルメントしたカスタムアパレルやその他の商品を販売者が作成および販売できるようにするオンデマンド印刷プラットフォームであるMerch byAmazonサービスに向けられています。

Amazonの新しいKornit契約は、もう1つの足がかりと見なすことができます。イスラエルの新聞Haaretzによると、Amazonは新しい機器を使用して、室内装飾品やベッドカバーなどの家庭用品、スポーツ用品、テキスタイルに拡大する予定です。

同社は8月に、フェニックスの外に新しいMerch by Amazonオンデマンド印刷およびフルフィルメント施設を追加すると発表しました。これは、この地域に11の新しいサイトを構築する大規模な拡張の一環です。同社は2015年に最初のMerchby Amazon施設を立ち上げ、2017年には2番目の100,000平方フィートの施設を立ち上げました。同年、Kornitから1億5000万ドルのデジタル捺染装置を購入しました。2019年7月、ユタ州のインクジェット印刷施設の承認を受けました。

パンデミックは業界全体のビジネスを傷つけたり不自由にしたりしましたが、消費者が一斉に電子商取引に目を向けるにつれて、Amazonは急増しました。同社は、第2四半期の純利益を2019年の26億ドルから今年は52億ドルに倍増させました。この電子商取引への依存は今後も続く可能性が高く、今後の市場におけるAmazonの地位はさらに強化されます。このポジションと拡大し続けるデジタル印刷機能を使用して販促品ビジネスで真のプレーをするかどうかはまだ分からないが、それを実現するためのインフラストラクチャを構築し続けている。

引用元:magazine.promomarketing.com

簡単に言うと、あのAmazonに「オンデマンド印刷」機能が付いたってことでしょうか。

というか、数年前からそうで、今年さらに強化されたってことですかね。

オンデマンド印刷のプラットフォームの提供ってことでしょうか。

Amazonなら販売する場所から配送から提供できちゃうってことでしょうか。

数年前、弊社と取引させていただいている方が、

「Amazon倉庫内でプリントできたら最強なんだけどなぁ」

とポツリと言っていたことを思い出しました。

それが現実になっているのだなぁ。それもものすごい規模で。

日本に比べ、海外の方がコロナ禍のダメージが大きい分、ビジネスへの影響も大きく、その分変化の速度も大きいのでしょう。

───さて、日本の我々は何をすべきでしょうか。ふむぅ

おもしろいのでぜひ元記事も読んでみてくださいね。

元記事リンク

https://magazine.promomarketing.com/article/merch-by-amazon-new-facility-buys-400-million-digital-printing/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中