googleスプレッドシートで、直しに強い連番を振ってみろ。それも、ひとつのセルに数式をいれるだけで、だ。~最新版~SEQUENCE関数で超簡単だと教えていただきました。

当ブログ解説当初の投稿。アレイフォーミュラが使いたくてしょうがなかった。

2年前の2018年2月、当ブログ開設当初、なんとか有益な情報を発信できないかと、グーグルスプレッドシートで試行錯誤して連番を振ったことを書きました。

今だに月数回はアクセス数があるので、見ていただいているようで大変ありがたいです。

(現在になって読んでみると鼻息荒い文章が恥ずかしいですね。。。)

この投稿に先日コメントを頂き、超簡単に実現できる関数を教えて頂きました。

=sequence(counta(C9:C))

きゃー!超簡単!!!!

=ARRAYFORMULA(row(B6:INDIRECT(“B”&(COUNTA(C6:C)+COUNTBLANK(A1:A5))))-COUNTBLANK(A1:A5))

数式が長い!

↑2年前の私が書いた数式。。。【解説】とかしちゃってるのも恥ずかしい。。。

比べるまでもないですね。

一覧上の行数の判定とか、INDIRECTで連結とか不要!

超簡単!超すっきり!

C9のセル一つに「=sequence(counta(C9:C))」といれるだけ。

本当にこれだけで、どこに行を挿入しても、どこの行を削除しても、自動で連番が振られます。感動!!

sequenceの()の中に行数を入れると数式を入れたセルのしたにその行数分の連番が振られる。今回は行数をcounta関数でC9から下に入力されたセルの数を数えて、それを行数としている。

sequence関数は比較的新しい関数?なの?かな?

sequenceの()の中に行数を入れると数式を入れたセルのしたにその行数分の連番が振られる。今回は行数をcounta関数でC9から下に入力されたセルの数を数えて、それを行数としている。

sequence関数はループ的な使い方もできる?らしいです。

なんだか便利そう!(使いこなせないけど)

教えて頂きありがとうございました!

今後とも宜しくお願いいたします。

googleスプレッドシートで、直しに強い連番を振ってみろ。それも、ひとつのセルに数式をいれるだけで、だ。~最新版~SEQUENCE関数で超簡単だと教えていただきました。」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: Googleスプレッドシートで、簡単なカレンダーの作り方~ドラッグ不要!開始日を入力するだけで、日付が表示され、曜日と行に色付する~ | 松栄シルク工場報 Shoeisilk Factory Report prepared by Sa

  2. ピンバック: Googleスプレッドシートで、簡単なカレンダーの作り方~ドラッグ不要!開始日を入力するだけで、日付が表示され、曜日と行に色付する~ | 松栄シルク工場報 Shoeisilk Factory Report prepared by Sa

  3. ピンバック: Googleスプレッドシートで、簡単なカレンダーの作り方~ドラッグ不要!開始日を入力するだけで、日付が表示され、曜日と行に色付する~ | 松栄シルク工場報 Shoeisilk Factory Report prepared by Sa

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中