パソコンでQRコードを読み込みたい、手持ちの機材のみで

QRコードが便利で、読み込みがスムーズに行くとまあ快適で。

ちなみにQRコードとは、日本のデンソーウェーブが開発した、二次元コードの種類の1つで、2次元コードが備えている特長(大容量・省スペース・高速読取・誤り訂正機能)を全て備え、現在日本で1番普及している二次元コード。

らしいです。

iOSアプリからの読み込みが早くて快適になった。という話は以前に書きましたが、

iPhoneでウェブサイトを読み込んで表示したところで、そのサイトがPC前提の設計だったりすると厄介ですね。

PCが近くにあるのなら、そっちで表示したいという考えに至り、試行錯誤した話です。。。

まず、PCにUSBなどで何かしらの機器を接続し、読み込めないかと、「QRコードリーダー」で検索すると、機材はいろいろ出てくるが、これは価格が高すぎて、

ここまでお金かけてやりたいわけじゃないんだよね。

安いものもないわけじゃないが、それはそれで解像度的なものが低く、反応が悪いに決まっている。

なので、この方向は却下。

.

.

.

次にMacBookについているカメラで読み込めないだろうか?

せめてMacBookを使っている人だけでも便利に使えないものか。

調べると、Macのアプリでまさにその機能があるものが見つかったのだけど、

QRコードを近づけてもなんの反応もない。。。

10mm角くらいの小さいものには使えないようだ。

(MacBook等のカメラは写真を撮る用ではないので、iPhone等のカメラに比べ、性能が格段に低いらしい。。。)

Windowsでもありそうだけど、結局、高性能のカメラが付いてないと、もしくは後付けしないとダメで、そうなるとそれなりの金額が発生し、

そこでまた、

あ?それ、そんなお金かけてまでやりたいか?

という、「人の趣味を真っ向から否定する時に使いそうな言葉」が浮かんでしまう。

.

.

というわけでこれも却下。

.

.

.

諦めの末たどり着いた最も手軽な方法は、

iPhone、iPad等のカメラ付きのタブレット端末が手元にある前提で、

デンソーアプリのおかげで素早く開けたブラウザをPCに最短の手数で表示する。

というもの。

これ、やっぱりApple製品ならHandoffという機能ですぐ実現できることは知っていて。

これはこれで便利だけど、このHandoffという機能は、「一人の人間が複数端末を使う前提での機能」であるので、我々の工場のように複数人でいろんな機材を使っていると、いろいろ鬱陶しかったりする。。。

.

.

.

なので、Chromeの履歴から、ほかの端末(同じアカウントで同期しているChromeを使っている端末)で開いた、又は開いているタブを表示させて選択する。

という方法にたどり着きました。

マウスで右上の設定アイコンから開いてもいいのだが、ポインタを動かすよりも、ショートカットキーのほうが早いし、カッコいい。

.

.

・iPhone、iPad等でデンソーアプリで快適にQRコードを読み込み、自動的にChromeでウェブサイトが表示される。

・同じアカウントのChromeを開きショートカットキーで履歴を表示。

(WindowsはCtrl+H、Macはcommand+Y)

・Tabキーを2回押し、カーソルを「他のデバイスからのタブ」に合わせリターンキー音を立てて叩く。

・他のデバイスで開いた、又は開いているタブが表示されるので、そこから任意のタブをクリック。

.

.

.

.

え?あんまり?手数が?変わらない?

.

.

.

あー、そういう、人が一生懸命になっていることを、個人の物差しで測って簡単に否定する人は、豊かな人生は送れないって決まってます。