Illustratorで複合パスの描画が欠けて表示されるときは、GPUパフォーマンスを疑え

IllustratorのGPUパフォーマンス。

必要あるのかな?

なんて思っていたのも過去の話で、アニメーションズーム(フォトショップの様なリアルタイムなズーム)にすっかり慣れてしまった頃。

ある入稿データで描画が欠けている箇所が発見されました。

MacでもWindowsでも症状が出る。。。

MacでもWindowsでも出ないマシンもある。。。

これは。。。。どうしたことでしょう?

「描画」としているのは、アウトライン表示にすると、パスはしっかりと存在しています。

しかし、表示されている形が、なんか違う。。。

詳しく階層を掘って構造を確認していくと、どうやら複合パスの描画で起こっているようで。。。

ワープとか効果的なエフェクトではなく、なんか、不自然に欠けている。。。

なんでかな?と思っていて、なんとなく、モニターへの描画が変なのだから、GPUなのかな?思って、設定からGPUパフォーマンスをオフにしてみる。

すると、正常に表示されました。

こうなってみると、GPUパフォーマンスって一体なんの役に立っているのか、やっぱりメリットがわからないなぁ。

。。。って考えいたんですけど、アニメーションズームにいつのまにか慣れた自分は、昔ながらのIllustratorズーム(範囲を囲った部分が拡大されるアレ)に戻ってみるとこれがやりづらくてやりづらくて。。。

検索するとGPU関係のエラーが多く出てくるので、不安定な要素なんでしょうね。。。

.

.

.

ともかく、描画が欠けるなどの症状でお困りの方、一度GPUパフォーマンスを疑ってみてください。

↓アドビのヘルプ(なんでか2015版)

https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/kb/gpu-performance-preview-improvements.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中