PRINTMAN’S GEAR〜 マキタのコードレスクリーナーのサイクロンアタッチメント編

愛用するには理由がある。

職人愛用の道具たちを紹介するコーナー PRINTMAN’S GEAR。

今回紹介するのは、マキタのコードレスクリーナー用のサイクロンアタッチメントです。

マキタのコードレスクリーナーついてはこちらの投稿を御覧ください。

工場における、ダイソンとマキタの掃除機対決〜掃除機からみるビジネスマンの生態

.

.

.

これはマキタのコードレスクリーナーに後付でサイクロン化する道具です。

普段マキタを使っている、電気設備をやってくれている職人さんから薦められて使ってみました。

.

.

これをつけると、ノズル途中にある透明なカプセルの中にゴミが渦を巻いて溜まるようになり、本体内にはたまらず、吸引力が落ちにくくなります。

.

と、だったら初めからサイクロン式にすれば良いじゃないかと、お思いでしょうが、

業務用でサイクロンってなかなかないようで。。。

マキタも紙パック式と本体に直接溜まる式があり、ウチで使っているのは、本体に直接溜まるタイプ。紙パック式は交換が面倒だと思ったので。

どちらにしても、ゴミが意外とすぐ溜まります。

マキタの良いところである、モーターがヘタらないので、バッテリーを交換しながら連続で使用できる点がありますが、それで調子に乗って掃除していると、いつのまにか埃とゴミでパンパンになっています。中身が見えないので気づかないのです。それでも健気に吸い続けてくれるマキタくん。

(以前のダイソンだとモーターに負荷がかかるとすぐに動かなくなります。。。)

そこで、このサイクロンアタッチメントを追加するとゴミの溜まり具合が見えるので、無理に吸わせることもなく、ゴミが溜まっても吸引力が落ちない(気がします)。

まさに、サイクロンとマキタのイイトコ取り!!

.

.

.

。。。といってもデメリットもあって、

.

まず、重たくなります。

そして、サイクロン部分が邪魔です。

.

.

コードレス式、とりわけマキタのシャープなスタイルの得意とする取り回しの軽快さ、細い場所にも手軽に突っ込めるところが、このアタッチメントで失速しがちです。

なので、このアタッチメントは床などの比較的広い面積を連続でかけたい場合に特に有効だと思います。

あと、重量バランスが狂うので、サイクロンアタッチメントをつける角度は、掃除機をかける体勢になったとき、ゴミが溜まるカプセルがノズルの真下にくる位置にするとバランスが取れます。(冒頭の画像参照)

.

.

.

ちなみに、電気屋さんが教えてくれたのですが、バッテリーもいろいろ種類があるそうで、アンペア数の高いものにするとより長時間の使用が可能になるそうです。

.

.

.

いやあ、ほんと現場の意見って参考になりますね。

これからの大掃除に大いに活躍してくれるでしょう。

おススメです!!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中