「ハードウェアアクセラレーションをグランデで。えーとじゃあ、冷たい方で。」〜Google Chromeのディスプレイの色表示が変な時は

ディスプレイが壊れたのか!?

と不安になりました。

画面の深い黒の部分が、RGBのグリーンやブルーになってしまっている…。

キャリブレーションしても治らない…。

他のアプリではこのような現象はみられなかったので、Webブラウザが原因では?と思い至り、他のブラウザと比較。

↑では、上のウィンドウがGoogle Chrome。下のウィンドウがInternet Explorer。

どうやらGoogle Chrome限定の現象のようだ。

でも、↓

私はデュアルディスプレイ環境で作業をしている。

サブディスプレイである、古い事務用のPCから流用したMITSUBISHIの安いディスプレイではあの現象は見られない。

色調整などの作業用にメインのディスプレイで使っているのはEIZOのCG277。

なぜCG277のほうだけ?

価格差20数倍もするのに!?

グラフィックボードのせいなのかな?

と思って空いている出力ポートに差し替えても結果は同じ。

検索してみるとChromeの設定でなんとかなるらしい。

Chromeの「設定」から「詳細設定」→「システム」の「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」をオフにして再起動をクリック。

治りました。

・・・ハードウェアアクセラレーション?

何それ?

調べると、

動画などの高度なウェブサイトの表示をスムーズにする機能らしい。

うーん。だったらなんで高機能なディスプレイの方だけ変になるのだ?

安価なグラフィックボードでも起きる、みたいな記述も見かけたけど、

今使ってるのはNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB。

そこそこ良い性能だと思うんだけど…。

っていうか、今までは普通に表示されていたわけだし…。

端子の形状の違いかも?

グラフィックボードにはHDMI端子が1つとディスプレイポートが3つあって、CG277はディスプレイポートで接続しているので…。

治ったからまあいいか。

会社の作業用のPCで高度なウェブサイトなんて見ないしなぁ。

ハードウェアアクセラレーションという言葉の響きは気持ちいいので、今後関係ない場面でも使っていきたいと思います。

 

 

 

「えーと…、ハードウェアアクセラレーションの…Grande。…アイスの方で。」

 

『…あーっと!ネイマール!今のはさすがにハードウェアアクセラレーションを取られましたぁー』

 

『今日のゲストは、今、若者の間でハードウェアアクセラレーションが”ダサかっこいい”と話題になり再ブレイク中のDA PUMPの皆さんでーす。』

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中