真鯛のカルパッチョ~パクチー乗せ

《材料》

刺身用真鯛 適量

小ねぎ 適量

パクチー 適量 (苦手な方は無くても十分)

にんにく 切れ端で十分

塩 適量

胡椒 適量

オリーブオイル 適量

ピンクペッパー 適量

醤油 数滴

 

 

《作り方》

真鯛をスライスしてお皿に並べる。

真鯛にニンニクの切れ端を擦り付け、匂いをつける。

オリーブオイルを撒く。オリーブオイルはボトルから直接ではなく、小さな器に出し、スプーン等で回し掛けるように撒く。

塩、胡椒を適当に撒く。ミルでガリガリやるタイプが好ましい。

小ねぎを5cmくらいに切る。決して、細かくしてはいけない。5cmくらい長めに切る事によって、箸で持ちやすくなり、より薬味を堪能できる。

同じようにパクチーも5cmくらいに切る。

小ねぎ、パクチーを乗せる。

その上からオリーブオイルをまた撒く。

その上からピンクペッパーを潰しながら撒く。

食べる直前に、醤油(生タイプが好ましい)をポタポタと撒く。

食べる。小ねぎ、パクチーを鯛と一緒に口に放り込む。

美味い。

 

 

《コツ》

小ねぎ、パクチーは長めに切る。これは絶対。

小ねぎ、パクチーの緑の上に赤いピンクペッパーが映えるように撒く。

小ねぎ、パクチーの上にオリーブオイルが光ってるとシズル感が出る。

ニンニクの香り付けも苦手なら無くても良い、が、香りが思いの他効いてきて、好きな人にはたまらない。

お皿を白系にすると、醤油の点々が上等なソースのように映える。

img_9165.jpg

アサリの白ワイン蒸しに、小さく切ったレモンを撒くと美味い。

絞るのではなく、細かく切ったものを、適度にアサリと一緒に食うと、美味い。

 

 

以上、突然の料理編でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中